【ミクソリディアン編】各コード上で使えるスケールを覚えよう!TAB譜付き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
コード上で使えるスケールを覚えようというブログのミクソリディアン編のサムネイル画像

各コード上で使えるスケールを覚えよう!ということで、メジャースケールのダイアトニックコード上で使えるスケールを7つの記事に分けて紹介しているシリーズ!

今回の記事ではミクソリディアン(Mixolydian)というスケールをご紹介します!

ミクソリディアンはメジャースケールを5番目の音から並び替えた時にできるスケール。

そしてダイアトニックコードではⅤ7上で使うことのできるスケールです。

こちらもそのまま暗記してしまっても良いのですが、ダイアトニックコード以外のコードのスケールを考える時に役に立ちますので、コードスケールを考える際の視点からも見ながら覚えてみましょう!

エレキベースでの指板上でのポジションや、弾く時の指の運び方も画像とTAB譜でご紹介していますよ!

ぜひ参考にしてみてください!

なお!

以前公開した記事にて、メジャースケールをそれぞれの音から並べ直して出来る7種類のスケールを一覧でおおまかにご紹介しました!これらのスケールそのものがあまりわからないなという方は、そちらの記事も読んでみてくださいね!

ダイアトニックスケールとモードについてご紹介!7つのスケールを確認!

ではいってみましょう!

コードスケールの考え方で見てみる

同シリーズの他のスケールの記事でも触れていますが、コードスケールとは「コード上で使うことのできるスケール」のこと!

考え方は「コードトーンを並べてその隙間をキーのダイアトニックスケールで埋める」という方法です。

Key=CのⅤ7(G7)で考えてみましょう!

  • コードトーン→G B D F
  • 隙間を埋めるダイアトニックスケールの音→A C E
  • 出来上がるスケール→G A B C D E F(Gミクソリディアン)

となります!
このことも頭の片隅に置きながら、Ⅴ7で使えるスケールはミクソリディアンと覚えておきましょう!

ミクソリディアンを細かく見てみる

さて、それでは引き続きKey=CでGミクソリディアンを細かく見てみましょう!

まずは五線譜に並べてインターバルをチェック!

五線譜で確認

Gミクソリディアンを五線譜に書いてインターバルを記載した図

五線譜に並べてみるとこのようになりますね。
インターバルは画像に記載してあるようになります。

先ほど隙間を埋めた音はそれぞれコードのテンションとアボイドノートなので、ミクソリディアンのアボイドノートはP4となります!

また、リディアンの記事でも触れたましたが、モードはメジャーモードとマイナーモードに分けられていて、3つ目の音がメジャーかマイナーかで分類します。
ミクソリディアンはメジャーモードですね!

そして!
こちらもリディアンの記事で触れましたが、モードには特性音(キャラクタリスティックノート)というものがあって、メジャーモードはアイオニアンと比較して考えます。
アイオニアンとの違いは7番目の音なので、ミクソリディアンの特性音はm7(♭7)となります!

Cから並べてみよう

さて!では次はスタートの音をGではなくCから並べて、Cミクソリディアンでもう少し確認してみましょう!

メジャースケールを5番目から弾いたスケールとだけ覚えてしまうと応用が利かなくなってしまうので、ぜひチェックしてみてくださいね!

Cミクソリディアンを五線譜に書いてインターバルを記載した図

Cミクソリディアンはこのようになります!

この時、ミクソリディアンのスタートの音がC(=メジャースケールの5番目の音がC)ということは、キーはFだということがわかりますよね。

これを「Cミクソリディアンのトーナル・センター・オブ・ザ・キーはF」と言います。

ややこしいですが一緒に覚えてしまいましょう!

それではCミクソリディアンをエレキベースの指板上で確認してみます!

指板上で確認

Cミクソリディアンをエレキベースの指板に丸で記載した図
Cミクソリディアンをエレキベースの指板に丸で記載した図パターン2

例をあげるとこのようになりますね!

TAB譜で確認

そして実際に演奏する際の指の運び方をTAB譜で見てみましょう!
例えばこのようなパターンが考えられます!

Cミクソリディアンを演奏する際の運指を4パターンTAB譜に記載した図

他のパターンも考えられますので、いろいろ織り交ぜながらぜひ実際に演奏してみてくださいね!

まとめ

ハードケースにエレキベースが入っている画像

Ⅴ7上で使うことのできるスケール、ミクソリディアンについてご紹介してきました!

残りの6つのスケールも同様にTAB譜付きでご紹介しています!
ぜひチェックしてみてください!

この記事が皆さんのお役に立てますように!
では!

その他のスケールの記事はこちら

【アイオニアン編】各コード上で使えるスケールを覚えよう!TAB譜付き

【ドリアン編】各コード上で使えるスケールを覚えよう!TAB譜付き

【フリジアン編】各コード上で使えるスケールを覚えよう!TAB譜付き

【リディアン編】各コード上で使えるスケールを覚えよう!TAB譜付き

【エオリアン編】各コード上で使えるスケールを覚えよう!TAB譜付き

【ロクリアン編】各コード上で使えるスケールを覚えよう!TAB譜付き


当ブログでの記事執筆において、自身が音楽理論を勉強した際に使用した資料に加え、書籍や現在インターネット上に公開されている記事等を参考とさせて頂いております。

お気付きの点がございましたらお問い合わせよりご連絡下さいませ。


参考文献:サルでも分かる音楽理論 上巻 下巻

音楽理論が細かく丁寧に説明されていて、とてもわかりやすい一冊です。
記事執筆時など、筆者も辞書がわりに今も参考にしています。
ぜひ手に取ってみてください!

サルでも分かる音楽理論[上巻] 単行本(ソフトカバー) – 2011/3/31

サルでも分かる音楽理論[下巻] 単行本(ソフトカバー) – 2011/3/31

シェイド砂川敦 エレキベース教室

シェイド砂川敦 エレキベース教室は神奈川県大和市/小田急線/相鉄線などに対応!
また、全国にお住まいの方向けにオンラインレッスンも実施中です!

これからエレキベースを始めたい方や、初心者の方から演奏経験のある方まで対象の1レッスン60分制マンツーマンエレキベースレッスンを行なっています!

無料体験レッスンもご用意していますので、ご興味のある方はぜひサイトをチェックしてみてください!

▶︎シェイド砂川敦エレキベース教室


お問い合わせはこちら

SNSでもご購読できます。