【コードとは(トライアド編)】音楽理論初心者に向けて丁寧に解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
シェイド砂川敦がトライアドについて解説したブログのサムネイル画像

ギターやベース初心者の方が楽器を演奏する時に、「弦を押さえる時の手の形」や「弦を押さえる場所」で覚えていることが多い「コード」。

「C」とか「Em」とか「G」とか、バンドスコアを見ながら練習して、押さえる場所を覚えちゃうから弾けるけど、そもそも

「コードって何なんだろう?」
「メジャーとマイナーって何が違うの?」

そんな風に思ったことはありませんか?

その疑問、わかりやすくお答えします!
ギターやベースを演奏するうえで避けては通れないコードについて丁寧に解説!

早速コードについて説明します

コードとはトライアドやセブンス・コードなどのこと

コードとは、日本語でいうと「和音」のことで、基本的には3つの音で構成されている三和音(トライアド)と4つの音で構成されている四和音(セヴンス・コード)のことをさします。

先ほどちょっと出てきた「C」とか「Em」とか「G」というコードは、実はこのトライアドなのです。

男性がステージでギターを演奏している画像

コードの作り方を見てみるとメジャーとマイナーの違いがわかりやすいので、今回のブログではトライアドの作り方を確認しながら実際にコードを作ってみましょう!

コードは音を1つ飛ばしに積み重ねて作る

コードの作り方はとてもわかりやすくて、すごく大雑把に言うとスケールの中の音を1つ選んで、そこから1つ飛ばしに音を重ねていくという作り方です。
トライアドは三和音なので3つ音を重ねます。

以前の記事で扱ったインターバルの説明同様に、Cメジャースケールを使ってトライアドのコードを作ってみましょう!

インターバルとはなんぞやという方はメジャーとマイナーの違いがわかりにくいので、こちらの過去記事を読んでから先に進んでみてくださいね!
【インターバルとは】音楽理論の初心者向け!おすすめな勉強方法!

Cを基準に重ねていくとCメジャートライアドになる

では最初に、Cメジャートライアドというコードを作ってみましょう!

まずはCメジャースケールの音が横に並んだ状態をみてみます。

Cメジャースケールを五線譜に横並びに書いてある画像
↑Cメジャースケールが横に並んでいます

Cメジャースケールって何?という方はこちらの記事をご覧ください!
【メジャースケール】音楽理論初心者はここから勉強を始めてみよう!

先ほど大雑把にご説明した通り、この中から好きな音を選んで、その音を基準に1つ飛ばしで3つ重ねていくとトライアドになるのですが、ここではCメジャートライアドを作るのでCの音を基準に3つ選んでみます。

すると選択された音は「C・E・G」の3つ。

それぞれの音のインターバルを、Cを基準に見てみましょう。

「CはRoot(R)」
「CとEはMajor3rd(M3)」
「CとGはPerfect5th(P5)」

となり、そしてこのコードが「Cメジャートライアド」となります。

ちなみにコードの名前で「C」と書いてあるものはこのCメジャートライアドの事をさしていて、メジャートライアドを省略して「シー」と呼んでいるんですね!
他にも「F」や「G」など、アルファベット1文字で表記されているコードは「メジャートライアド」を意味します。

ここでのポイントは、音を1つ飛ばしに3つ重ねてコードを作ると

  • Root
  • 3rd
  • 5th

で構成されるトライアドを作ることができるという点です!覚えておきましょう!

ギターを演奏している男性の手の画像

Dを基準に重ねるとDマイナートライアドになる

先ほどはCを基準に音を重ねてみたので、次はDの音を基準に3つ選んでみましょう。

すると選択される音は「D・F・A」の3つ。

Dを基準にインターバルをみてみると

「DはRoot(R)」
「DとFはMinor3rd(m3)」
「DとAはPerfect5th(P5)」

となり、このコードは「Dマイナートライアド」となります。

先ほどの「C」と同じように、コードの名前で「Dm」と書いてあるものはこのDマイナートライアドの事をさしていて、トライアドを省略して「ディーマイナー」と呼んでいるんです!
他にも「Em」や「Am」など、アルファベット1文字に小文字の「m」がついている場合は「マイナートライアド」を意味します。

このコードも

  • Root
  • 3rd
  • 5th

で構成されていて、そしてここでのポイントは

  • Cメジャートライアドの時と違うのはRootと3rdのインターバルがMinorである

という点です!

コードを構成するRootと3rdのインターバルがMajorならコードもメジャー、Minorならコードもマイナーになるんですね!

古い本が並んでいる画像

ちなみに「DとF」や「DとA」のインターバル、ちょっと判断するのが難しいですが、まずDからスタートするメジャースケール(Dメジャースケール)を書き出してみて、それをもとに「F」や「A」へのインターバルを考えるとわかりやすいですよ!

ここで一度ざっくりまとめます

Cメジャースケールを使ってコードを2つ作ってみました!

ここまでで

  • コードとは和音のことであり、三和音(トライアド)や四和音(セブンス・コード)の事をさす
  • 音を1つ飛ばしに3つ積んでコードを作ると、「Root」「3rd」「5th」で構成されるトライアドを作ることができる
  • Rootと3rdのインターバルの違いがメジャーとマイナーの違いである

がわかりましたね!

ちなみにCメジャースケールには7つ音があるので、他のコードも作れそうです。
思い切って作ってみましょう!

思い切ってCメジャースケールの全部の音をRootにしてトライアドを作るとこうなる

先ほどの要領で、Cメジャースケールの7つの音全てに、1つずつ音を飛ばして3つの音を重ねてみましょう!

するとこのようになります。

Cメジャースケールを五線譜に横並びに書いてトライアドを組んである画像
↑Cメジャースケールの全部の音に、1つ飛ばしで音を3つ重ねてみた図

そしてそれぞれのコードの名前を見てみるとこうなっています。

Cメジャースケールを五線譜に横並びに書いてトライアドを組んだあとにコードネームを書き加えた画像
↑それぞれのコードに名前を書いてみた図

見たことがあるコードもあるのではないでしょうか?

それぞれのコードのインターバルを整理してみよう

上の図に書いてある7つのコードを構成している音のインターバルをそれぞれ整理してみましょう。すると

「C」「F」「G」(メジャートライアド)→R・M3・P5

「Dm」「Em」「Am」(マイナートライアド)→R・m3・P5

「Bdim」→R・m3・dim5(このコードはディミニッシュト・トライアドといいます)

となっています。

さっきまでは出てこなかった「ディミニッシュト・トライアド」というコードがありますね。このコード、構成する音は上記の通りで、実はマイナートライアドの5thが半音下がっているものなんです。

そして説明をここまでにして、内容をしっかりまとめると・・・

あらためてしっかりまとめてみる

  • コードとは和音のことであり、三和音(トライアド)や四和音(セブンス・コード)の事をさす
  • トライアドは「Root」「3rd」「5th」で構成されている
  • メジャーとマイナーの違いはRootと3rdのインターバルで決まる
  • マイナートライアドの場合、Rootと5thのインターバルがDiminished5thになるとコードもディミニッシュトになる

ということになるのです!

仮にコード「C」で考えた場合

メジャートライアドは「C」
そこから3rdが半音下がると「Cm」
さらにCmから5thが半音下がると「Cdim」になる

という事になんですね。

シェイド砂川敦が納得をしているスタンプ画像

まとめ

ここまでがコードについて(トライアド編)の説明となります!
「コードとは何か」「メジャーとマイナーの違いは何か」という内容から発展して「ディミニッシュト・トライアド」まで触れてみましたがいかがでしたか?

普段何気なく演奏している「C」や「Em」や「G」といったコードですが、実際に作るところから考えていくと

「どのような音で構成されているのか」
「メジャーとマイナーの違いがどこにあるのか」

がわかりやすかったと思います!

このメジャーとマイナーの違いなどは、実際にベースを演奏するときの音選びなどで、とても大事になってきますのでしっかり理解しておくと良いですよ!

エレキベースを演奏している男性がブレている画像

さて、次回の記事では四和音であるセブンスコードについて説明していきたいと思います!

この記事が皆さんのお役に立てますように!
では!

こちらの記事もおすすめです!
【コードとは(セブンスコード編)】音楽理論初心者に向けて丁寧に解説!


当ブログでの記事執筆において、自身が音楽理論を勉強した際に使用した資料に加え、書籍や現在インターネット上に公開されている記事等を参考とさせて頂いております。

お気付きの点がございましたらお問い合わせよりご連絡下さいませ。


参考文献:サルでも分かる音楽理論 上巻 下巻

音楽理論が細かく丁寧に説明されていて、とてもわかりやすい一冊です。
記事執筆時など、筆者も辞書がわりに今も参考にしています。
ぜひ手に取ってみてください!

サルでも分かる音楽理論[上巻] 単行本(ソフトカバー) – 2011/3/31

サルでも分かる音楽理論[下巻] 単行本(ソフトカバー) – 2011/3/31

シェイド砂川敦 エレキベース教室

シェイド砂川敦 エレキベース教室は神奈川県大和市/小田急線/相鉄線などに対応!
また、全国にお住まいの方向けにオンラインレッスンも実施中です!

これからエレキベースを始めたい方や、初心者の方から演奏経験のある方まで対象の1レッスン60分制マンツーマンエレキベースレッスンを行なっています!

無料体験レッスンもご用意していますので、ご興味のある方はぜひサイトをチェックしてみてください!

▶︎シェイド砂川敦エレキベース教室


お問い合わせはこちら

SNSでもご購読できます。




コメント

Comments are closed.