【ヘ音記号】読み方 ト音記号との関係をベース初心者向けに解説!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ヘ音記号の読み方やト音記号との関係をエレキベースを交えてベース初心者でもわかりやすく解説したブログのサムネイル画像

エレキベースを演奏するときに何気なく目にするヘ音記号!

バンドスコアでもTAB譜の上に五線譜が記載されていて、ベースパートはヘ音記号が書いてあります!

このヘ音記号ですが、独学でエレキベースを練習していたり、その延長でバンド活動を中心に行なっている方の中には、実はあまり読めないという方も少なくありません。

そこで!

この記事では、ヘ音記号の読み方やト音記号との関係をエレキベースとうまく関連させて、ベース初心者でもわかりやすく解説します!

知っていると、「TAB譜が書いていない!」なんて時にもの凄く役に立ちますよ!

ぜひチェックしてみてください!

もくじ

ヘ音記号とは

ヘ音記号とは「へ」=「F」の音の位置を表した記号で、アルファベットのFを図案化したもの!

2つの点の間がFの音で、一般的には低い音を五線譜に書くときに使われています。

ヘ音記号の形とF(ヘ)の位置を書いた画像

ちなみに、なぜ「へ」が「F」なのかと言うと

  • ドレミファソラシ(イタリア語)
  • CDEFGAB(英語)
  • はにほへといろ(日本語)

となるからですね!

日本語ではヘ音記号ですが、英語ではベース・クレフ(bass clef)やFクレフ(F clef)と呼びます!

ヘ音記号があるときの五線譜の読み方

ヘ音記号が左端に書いてある五線譜の読み方はこうなります!

ヘ音記号の五線譜の読み方を書いた図

2つの点の間がFというのを基準に音を順番に確認していくとわかるのですが、でも、このままだと覚えにくいですよね。

そこで!

エレキベースを演奏している方は、レギュラーチューニングの開放弦(各弦の0フレット)の音を五線譜上で覚えてしまうのがおすすめです!

エレキベースではこの様に覚えると便利

こちらの図は各弦の0フレットの音だけを五線譜に書いてみたもの!

ヘ音記号の五線譜にエレキベースの開放弦の音を記載した図


一番低い4弦の開放音が、五線譜の下に一本線を書き足した位置(下第一線と言います)に来るのもイメージしやすくて覚えやすいですよね!

ちなみに!
ここで1つ補足があります。

慣例的にバンドスコアなどでも上記の様に下第一線のEはエレキベースの4弦開放のEで記載されていますが、実は、弾いている音そのものは五線譜の音より1オクターブ低い音を弾いています。
ちょっとややこしくなってしまいますが、そのことを頭の片隅にいれておくと後々混乱しなくなりますので覚えておいてくださいね!

ト音記号との関係

さて、それでは次はト音記号とヘ音記号の音の位置関係についても見てみましょう!

ト音記号は音部記号の中ではもっともポピュラーで、学校の音楽の授業で教わった方が多いと思います!

ト音記号が左端に書いてある五線譜の読み方はこちら!

ト音記号の五線譜の読み方を書いた図

そして先ほども確認した通り、ヘ音記号の五線譜の読み方はこちら↓

ヘ音記号の五線譜の読み方を書いた図

この時!
実は「ヘ音記号の上第一線のC」と「ト音記号の下第一線のC」は同じ音なんです!

ト音記号とヘ音記号の音の位置関係を書いた図

ルート弾きなど低い音で弾く時はヘ音記号の音域で演奏していて、ハイフレットでフレーズを演奏する時など、音が高くなっていくとト音記号の音域で演奏しているというイメージでエレキベースを弾いてみましょう!

音楽教室のご紹介

この記事に紹介されていた内容の他にも、音楽に関する疑問点などはございませんか?
筆者が代表を務める音楽教室「Nice Love Music School」では、体験レッスンを実施しています。

初心者の方に向けた優しく楽しい音楽教室 Nice Love Music School
シェイド砂川敦 エレキベース教室 神奈川県大和市/小田急線/相鉄線などに対応!レッスン風景画像1

レッスンの回数はマイペースに月1回からでも受講可能。
前日までにご連絡頂ければ振替対応も可能ですので、急な予定が入ってしまってもご安心頂けます。

まずはぜひお気軽に体験レッスンから!

まとめ

エレキベースを演奏している人の手元をアップで撮影した画像

ヘ音記号の読み方やト音記号との音の位置関係を、エレキベースを交えながらご説明してきました!

普段はTAB譜を見ながら練習することがほとんどなのであまり使わないヘ音記号。

ですが!
ちょっとしたフレーズが楽譜や教則本で紹介されていた時に、冒頭で書いた様にTAB譜ではなく五線譜で記載されていることもありますので、ぜひ覚えておきましょう!

この記事が皆さんのお役に立てますように!
では!

当ブログのこちらの記事などもおすすめです!

【音符の種類と長さを解説!】TAB譜で悩んでしまうベース初心者必見!

【メジャースケール】音楽理論初心者はここから勉強を始めてみよう!

エレキベースを演奏する上で知っていると役に立つ音楽理論を紹介!


当ブログでの記事執筆において、自身が音楽理論を勉強した際に使用した資料に加え、書籍や現在インターネット上に公開されている記事等を参考とさせて頂いております。

お気付きの点がございましたらお問い合わせよりご連絡下さいませ。


参考文献:サルでも分かる音楽理論 上巻 下巻

音楽理論が細かく丁寧に説明されていて、とてもわかりやすい一冊です。
記事執筆時など、筆者も辞書がわりに今も参考にしています。
ぜひ手に取ってみてください!

サルでも分かる音楽理論[上巻] 単行本(ソフトカバー) – 2011/3/31

サルでも分かる音楽理論上巻画像

サルでも分かる音楽理論[下巻] 単行本(ソフトカバー) – 2011/3/31

サルでも分かる音楽理論下巻画像

Nice Love Music School

Nice Love Music Schoolは、神奈川県大和市にある音楽スタジオ等を中心に音楽レッスンを開講しています。

レッスン場所は小田急線/相鉄線の大和駅から徒歩5分、小田急線鶴間駅から徒歩5分、小田急線小田急相模原駅から徒歩5分など、駅から近く通いやすい場所ばかり。

ボイストレーニングを体験してみたい!
まだ楽器は持っていないけど始めてみたい!

そんな初心者の方でも気軽に音楽を楽しむ事ができる、優しい音楽教室です。

レッスンの回数は毎月自由に決められて、マイペースに月1回からでも受講可能。
マンツーマンの相談しやすいレッスンで、定期的なレッスンアンケートなども行なっています。

体験レッスンをご用意していますので、ぜひ一度お気軽にお越し下さいませ。

▶︎Nice Love Music School


体験レッスンのお申し込みはこちら

SNSでもご購読できます。